浄土真宗本願寺派 正心寺




HOME > 仏法SHOW

仏法SHOW

本文ここから

最近の記事

帰敬式のススメ

帰敬式とは“おかみそり"ともいい、阿弥陀仏また親鸞聖人の御前にて、浄土真宗の門徒として自覚をあらたにし、お念仏の教えに生きることを誓う儀式です。この式を受けると本願寺ご門主さまより法名が授与されます。
したがいまして、法名は亡くなられた方につけられる名前ではなく、あくまでも生きている時にいただかなければなりません。

この帰敬式は基本的にはご本山、すなわち京都の西本願寺にて行われます。またご門主さまが各地へご巡教に出られた時に行われる場合もありますが、なかなかその御縁に恵まれないこともありますので、その時はお葬儀の際、ご門主さまの代行として帰敬式を行いお手次のお寺から法名を授かることになります。

ちなみに、一般的には戒名と呼ばれますが、戒名とは仏教のあらゆる戒律を受けた人に与えられる名前です。たとえば有名な戒律として、生き物を殺さない「不殺生戒」またウソをつかない「不妄語戒」等々・・・
親鸞聖人は戒律をどれ一つも満足に守れないどころか、生きる中で罪ばかり作り続けている「罪悪深重の凡夫(ざいあくじんじゅうのぼんぶ)」の私であると、自らの煩悩の深さに気づかされ、真剣に真実の阿弥陀仏と向き合っていかれた方です。この親鸞聖人を宗祖とする浄土真宗では戒名とはいわずに法名と呼びます。

なお、戒名は長い方が良いと思いがちですが、浄土真宗ではそういったことは申しません。阿弥陀仏の御前ではすべてが平等でありますから、法名はいたってシンプル!
法名釋○○となります。それは親鸞聖人が【釋親鸞】と名乗られたことによります。
聖人はお釋迦さまによって説かれた仏教、特に南無阿弥陀仏のみ教えがインドから遙か遠いこの日本に伝わってきた、それも長い年月を経て多くの人たちによって伝えられてきたおかげで今 自分も遇うことができた。それも真の仏弟子になることができたというこの上ない慶びから釋の字をいただいたのであります。ですから釋の字はお釋迦さまの仏弟子の一人になるということ、そればかりではなく聖人のご門徒としての名字であるとも味わえるのでないでしょうか。

法名とは まさにお念仏者の証、お法(みのり)に生かされる名前でありましょう。

皆さまそれぞれに有り難い御縁で浄土真宗の門徒となり、親鸞聖人のお念仏のみ教えに出遇いました。その御縁をいただき、できるならば生前に帰敬式を受け法名を授かりましょう。

固定リンク | 2009年11月22日【7】

末代無智章のこころ

『あなかしこ あなかしこ』ということばで締めくくられる【御文章】
これは本願寺八代 蓮如上人が当時多くの方に宛てられたお手紙で、「白骨の章」とか「聖人一流の章」など全部で八十通あります。
蓮如上人はこの手紙を通して、阿弥陀仏の本願を私たちに伝えて下さっています。


今回は「末代無智の章」を現代風に味わって見ていきましょう。

《原文》
末代無智の在家止住の男女たらんともがらは、こころをひとつにして阿弥陀仏をふかくたのみまいらせて、さらに余のかたへこころをふらず、一心一向に仏たすけたまへと申さん衆生をば、たとい罪業は深重なりといえども、かならず弥陀如来はすくいましますべし。これすなわち第十八の念仏往生の誓願のこころなり。かくのごとく決定してのうえには、ねてもさめても、いのちのあらんかぎりは 称名念仏すべきものなり。
あなかしこ あなかしこ 

《現代文》
末代といわれる今の世の中に生きる私たちが、真実の人生を歩むためには、
思い惑うことなく、阿弥陀仏の本願を心にかけて、そのほかの道には目をそらさず、
ひたむきにお念仏をよりどころとして生きるよりほかに道はありません。

たとえ罪業の深さに苦しむことがあろうとも、かならず何ものにも妨げられない道が
開かれてきます。それが阿弥陀仏の本願の中で誓われているおこころであります。
そのおこころをを深くいただいたうえには、ねてもさめても いのちあるかぎり 
お念仏申し、報謝の生活をさせていただきましょう。



固定リンク | 2009年10月02日【6】

本堂は『聞法の道場』なり!

正心寺では年間を通して様々なご法座が開かれます。ご法座とは仏さまのお話を聞くお座のことで彼岸・永代経法要報恩講元旦法要常例法座等です。
 
さて浄土真宗の本堂の作りは他の宗派とちょっと違います。ご本尊(阿弥陀如来)や宗祖をご安置するトコロを内陣(ないじん)といい、皆さまが座るところを外陣(げじん)といいます。他の宗派では内陣の方が広いのですが、真宗の寺院では外陣の方が広いのです。 なぜか・・・?

それは多くの方がお参りし仏法の話を聞くために、そういう作りになっているのです。
浄土真宗では何よりも【聞く】ということを大切にします。  本願寺8代蓮如上人もこうおっしゃっております。『仏法には世間のひまをかきて聞くべし、 世間のひまをあけて法を聞くべきように思うこと あさましきことなり 仏法には明日ということ あるまじきそうろう』と。 平たく言えば、時間が空いたので仏法の話を聞くのではなく、何としてでも仏法のお話のご縁に遇わなければならないということでありましょう。

仏さまのお話は いま 聞かなければなりません。私が 聞かなければなりません。
本堂は まさしく『聞法の道場』なり。仏さまのみ教えを頂き、教えと共に生かさせていただきましょう。

固定リンク | 2009年07月15日【4】

法事案内文

法事を勤める際、親戚や知人に電話でご案内をすることも多いことと思われますが、正式に手紙かハガキにて案内する文を一例として紹介致します。わりに柔らかい文章で作成しておりますので、ご参考にしてくださいませ。



謹啓 ○○の候
 
 皆さまにはご健勝にて日々お念仏と共にお過ごしのことと存じます。
 さて、早いもので亡き母である「法名釋○○」正心太郎の十七回忌を迎えることに
なりました。
 つきましては自宅におきまして、下記のとおり法要を勤めさせていただきますので、
何かとお忙しいことと存じますが、万障お繰り合わせの上、ご焼香くださいますよう
ここにご案内申し上げます。

 また法要後は、おときの場を設けまして、故人を偲びつつ思い出話などしながら
会食していただければ有り難く思います。

準備の都合上、○月○日までに出欠をお知らせ頂ければ幸いです。
時節柄、お体ご自愛くださいませ。    
                                    合 掌

 ・日時  平成21年6月○日
      
      午前11時より勤行(15分前までには参集ください)
     
 ・場所  拙宅仏間
                                  正心 法子


 

固定リンク | 2009年06月08日【3】

【東隅組全門徒推進事項】の制定!

 平成23年、京都ご本山では『親鸞聖人 750回大遠忌法要』が勤修されます。それに先立ち平成20年 東隅組では『お待ち受け法要』が修行されました。
 この法要を機に当組の取り組みの一つとして、浄土真宗の門徒として基本的な事項を身につけて頂くために【全門徒推進事項】を次のとおり制定いたしました。


1,お葬儀や法事、また仏事でのお祝い事の際は、門徒式章とお念珠を必ず着用しましょう。
1,お参りのときは、「南無阿弥陀仏(ナモアミダブツ)」とお念仏をお称えいたしましょう。
1,報恩講法要をはじめとする各種法要に、進んで参拝しましょう。
1,帰敬式(おかみそり)は、生前に受式しましょう。また、平成23年、ご本山にて修行の『親鸞聖人750回大遠忌法要』に、参拝しましょう。


 以上四項目、いずれも門徒として大切な事項であります。ゆえに自ら為すはもちろんのこと、特に次世代、子どもや孫達に家庭内でしっかり伝え奨励するよう心がけましょう。

固定リンク | 2009年04月10日【2】

«    1  |  2  |  3  |  4  

- 管理用 -

本文ここまで

このページの先頭に戻る



コンテンツはここまで

top