浄土真宗本願寺派 正心寺




HOME > 仏法SHOW

仏法SHOW

本文ここから

最近の記事

素晴らしい出あいがあり、今の私がある

今回は正心保育園の保育士である瀬戸口真美先生【素晴らしい出あいがあり、今の私がいる】という題で書いておりますので、どうぞお読みください。

朝、登園してくると『み仏さま おはようございます』 そしてお仏壇の前で小さな両手を合わせ静かに心を落ち着かせお参りする子ども達。 どの子の姿を見ても、とても微笑ましく私が仏の子をお預かりしていることに喜びを感じる瞬間です。

私は良きご縁を頂き正心保育園で勤めさせていただきまして6年が経とうしています。
最初の頃はただただ子ども達と向き合うのが精一杯で、子ども達に仏さまの教えをどう伝え話せばよいのか不安と戸惑いばかりでした。そんな中 研修に参加させて頂いたり、お寺のご法座で聴聞させていただいたりする中で、少しずつ仏さまのことを知ることができ、聞けば聞くほど仏さまの心の広さ温かさ優しさに心うたれてきました。
『み仏さまは嬉しい時も楽しい時も悲しい時も悔しい時も、いつでもどこでも私のそばにいて寄り添ってくださる、そしてみ仏さまはどんなものでも手を差し伸べお救いくださる』この言葉に励まされ、また日々一緒にいる子ども達の姿に接し、私の考え方もどんどん変わってきました。

何か困難なことがあればついつい私ばかり・・・と思ってしまったり、何かに挑戦しようとしても出来ないと思うと挑戦せず、挑戦しても失敗してしまうともう二度としたくない、失敗が重なると また失敗するのでは・・・とおそれて新しいことに挑戦しなかったりする私でした。
一方子ども達は、出来ることも出来ないことも何でも思いっきり体当たりで、その時を楽しみながら色んな方法をそれぞれ見つけ出し一生懸命に行い、また友だちと声を掛け合い励まし合い、その友だちが出来るようになると、まるで自分のことのように喜び合う、そんな姿を見て大人ではとても敵わないやる気と発想の素晴らしさや無限の可能性に驚かされます。
子ども達と過ごす中で、どんなことにでも挑戦し悔しい思いや達成感を味わうことで学ぶことがあること、たとえ失敗しても一生懸命にすることの大切さを改めて気づくことができ、私自身子ども達から多くのパワーをもらい新しいことにも挑戦できるようになりました。

このように、仏さまと子ども達との素晴らしい出あいがあったおかげで、私は一人ではなく支えて下さる多くの方々のはたらきで成長していけることに気づき、感謝の心を持って生活することの大切さを日々感じています。

これからも仏さまに手を合わせながら、子ども達と共に学び合い喜び合い成長していきたいです。またこれまでの出あいの中で学んだことを子ども達との関わりの中で伝えていきたいと思います。

私の中で仏さまと子ども達との素晴らしい出あいは、今まで気づくことのできない自分に気づくことができ、私の人生の中での「宝」となっています。

固定リンク | 2011年03月05日【12】

六金色の仏旗

世の中にはいろいろな旗がありまして、国の旗は国旗、学校の旗は校旗、お寺にも仏旗(ぶっき)というカラフルな旗が存在します。

この旗は六金色(ろっこんじき)の旗といって、六色とは「・玻璃・瑪瑙」からなります。
青・黄・赤・白は皆さんお分かり、瑪瑙(めのう)は赤褐色で、玻璃(はり)というのは水晶のことで無色透明につき他の色をよく写し出します。したがって他の色を合わせた色ということになります。いずれも光り輝く色ということで六金色といいます。

それでは何故に六色なのか? ということですが、これは六道にちなんでおります。
六道とは「地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天」六つの迷いの世界。
「涅槃経(ねはんぎょう)」というお経に、お釈迦さまが亡くなられた時、お顔から六色の光を放たれたことが記されてありますが、これは六道の迷いの世界で悩み苦しんでいるもの達を照らしたということです。そして、その光を受けたものは苦しみや迷いから救われる、これはまさしく、全てのものを救おうという仏さまのお慈悲の心をあらわしているといえるわけです。

なお、お釈迦さまはお生まれになってすぐさま七歩 歩まれたと伝えられておりますが、これは迷いの世界を一歩超えたことを示しておられます。

この仏旗をデザインしたのは、アメリカのオルコットさんという方。彼は陸軍の兵隊でしたが、スリランカに渡って仏教信者になり涅槃経を研究してこの旗をデザインしたしたそうです。
この仏旗は世界仏教共通の旗で、宗派に限らず仏教行事の時はこの旗を掲揚いたします。

固定リンク | 2010年10月01日【11】

非戦の誓い

あるご門徒宅へ年回忌法要のお勤めに伺いましたら、仏間の鴨居に一つの額が掲げてありまして、よく見ると祖父である先代住職の名前が記されておりました。
ご主人にお聞きしますと、戦死された御家族の葬儀にあたり先代住職が『表白文』を作成・拝読し、ご主人へお渡ししたそうであります。それを額に表装し65年間大事に保管されてきました。

次のような文であります。
恭しく弥陀釈迦三世十方の御佛様に申し上げます 故陸軍歩兵上等兵○○○○君 昭和十九年九月二日福岡市に入隊し五ヶ月後台湾軍蓬一九〇七二部隊に遍入し各地に力戦奮闘中 昭和二十年十一月二日午前七時五十分屏東陸軍病院に於て遂に戦死をを遂げられたのであります 凡そ百万人の戦死者を出した大東亜戦争の犠牲者の一人としてかつてあの日なつかしい故郷を歓呼の聲に送られた勇姿を再び見るに由なく今白木の箱に納まれる君を遺族と共に葬らふことは衷心慚愧に堪へないことであります 日本は今冷厳な敗戦の現実から新しい日本建設へと自らに誓ひ又世界に誓ったのでありますが 今後日本の前途は正にいばらに満ちた苦難の道であることを深く痛感いたします 然し如何に辛くとも平和国家としての日本を成就することが戦死者に対するせめてもの慰めであり生き残れる私達の責任であり且つ又世界人類の幸福に寄興する日本の使命もそこにあることと信じます 乞ひ願わくば弥陀釈迦三世十方の御佛様 人の世の暗き闇路に加被力をたれ導き給はんことを
                                   釋碩道

65年前に書かれたこの文章を見て、当時の状況を思い浮かべるとじんわり涙がこみあげてきます。我が子を戦争に送り出す親の心情、そして何より自分よりも早くいのち終えていく我が子の姿、ご家族には私が想像を絶するほどの悲しみ痛みがあったことでありましょう。

いま、沖縄の基地移設問題で日本列島は揺れ動いております。しかし今こそ一人ひとりが平和について考え、過去から学び非戦へ向けての道を歩むべきではないでしょうか。
いのちは愛しく尊いがゆえに、殺してはなりませんし、殺さしめてもなりません。
「兵戈無用」と説かれた釈尊の言葉を戴き、「世のなか安穏なれ」と願われた親鸞聖人のおもいを しかと受けとめねばならないと私は思います。
世界中の人びとが手をとりあいながら、あらゆる宗教・民族・文化等の相違を超えて、争いのない豊かで平和なる社会を築いてゆきたいものです。

固定リンク | 2010年06月17日【10】

かけがえのない であい

この度は正心保育園の保育士である栫井 優先生に「まことの保育にであって」というテーマで原稿を依頼いたしました。先生が子ども達との日々の保育を通して、何を感じ何を学んだのかということが伝わってきます。 どうぞお読みください。


『かけがえのないであい』   栫井 優
 
 私がこの【まことの保育】に携わってから約五年が経とうとしています。正心保育園で勤める前、お寺の保育園ということは分かっていましたが、他の保育園と色々な面でそう変わらないのではないかと思っていました。しかし、しばらくしてお寺の保育園での子ども達との関わりの奥深さに気付かされ戸惑うことも度々ありました。そうして戸惑いながらのスタートでしたが、数ヶ月を過ごす中でだんだんと理解できるようになり、今思うと これまで当たり前と考え過ごしてきた日々や行ってきたことを恥ずかしくも思うようになりました。  
 
 私が学ぶことができたのは、研修等に行かせていただいたこともそうですが、毎日子ども達と関わる中で、子どもから教わることが多かったです。日々の保育の中で、子ども達が人間も虫などの生き物も同じいのちとみる視点・まなざしで触れたりする姿がありました。鳥を見つけては『おーい』と声を掛け、小さな虫を見つけては『どこ行くの?』と話し掛けるその姿に、すべてのものは平等でかけがえのない一つの爐い里銑瓩鬚い燭世い得犬ているということに気付かせてもらいました。
 食前・食後の言葉からも、たくさんのいのちをいただき生かされているということ、そのいのちを育んでくださる多くの方達への感謝の気持ちをもって食べ物をいただくということを学びました。
 そして何より、仏参で子ども達が小さな手を合わせ『ナモアミダブツ・・・』とお念仏申す姿に、目には見えないものの働きや阿弥陀さまに感謝するということを学びました。
仏参では毎月の月目標に基づいて法話をさせていただいています。勤務して最初の頃は何を話したらよいのだろうかと戸惑いましたが、学べば学ぶほど仏さまの教えの奥深さを感じ、もっと知りたいという気持ちの方が強くなり、子ども達に話しをしなければ という気持ちから学んでいましたが、自分自身が学ばせてもらっているという気持ちに変わってきました。

 私は、この【まことの保育】に携わるようになってから、当たり前のことですが改めて大切にしていることがあります。それは「すみません」と反省する心、「ありがとう」「おかげさま」と感謝をする心、そして思いやりの心です。

 この【まことの保育】との出会いは、私にとってかけがえのないであいとなりました。これからも、保育士として、子ども一人ひとりの色を輝かせられるよう、共に成長させていただきながら保育に努めていきたいと思います。

固定リンク | 2010年02月22日【9】

よろこび参りのススメ


世間ではお寺のお参りといえば、お葬儀やご法事だけと考えていらっしゃる方が多いでしょう。いえいえ、仏教では【よろこび参り】も結構あるのです。
赤ちゃんが生まれた時の初参式(初参り)
七五三や七草
仏前結婚式、結婚記念日
学校の入学・卒業・就職祝
誕生日や還暦・喜寿・米寿など
挙げればきりがないくらい、数多くの機縁にお寺でも自宅でもお参りができます。

お寺は悲しい時、さびしい時、つらい時だけ・・・ではありません。
うれしいとき 楽しいとき、どんなときのためにもあるのです。

私が悲しい時、阿弥陀さまはご一緒に泣いてくださるでしょう。

私がよろこばしい時、阿弥陀さまは自分のことのようによろこんでくださるでしょう。

いついかなるときも私と感じてくださいます。生きてくださいます。

そういう仏さまが私たちの阿弥陀さまなのです。


これからNEWスタイル仏事として、【よろこび参り】をどんどんお薦めしたいものです。



固定リンク | 2010年02月01日【8】

«    1  |  2  |  3  |  4    »    

- 管理用 -

本文ここまで

このページの先頭に戻る



コンテンツはここまで

top