浄土真宗本願寺派 正心寺




HOME > 仏法SHOW

仏法SHOW

本文ここから

最近の記事

ご縁

 この度は正心保育園 保育士 鮫島恵以佳先生が「ご縁」というタイトルで原稿を書いています。日々の保育の中での気づきや学びがあり、それを大切にする先生の思いや人柄が伝わる文章、言葉となっています。どうぞお読みください。

 「ご縁」  鮫島恵以佳

 毎日が新しく、違う表情で元気いっぱいに登園してくる子ども達。私の日常であり、この子ども達と一緒に遊び、笑い、過ごすことを「当たり前」だと思い過ごしてきた私自身の姿であります。
 
 ご縁をいただき保育士として勤め始めた当初の私は、子ども達と一緒に過ごす上で、一日を充実したものにしようと一日の計画を立て実践することに精一杯でした。子ども達に「◯◯させる」という主観をもってしまっていた私は、「先生」と「子ども」という関係の中で、「私がしっかりとしないといけない、教えないと子ども達は理解していかない」という思いから、がむしゃらに子ども達と向き合いました。
 子ども達は楽しく過ごすこと、一生懸命することにしっかりと向き合い成長していきます。そんな成長を間近で見ていると、いつの間にか出来るようになっていること、子ども達自身が自分の気づきからたくさんのものを吸収し身につけていることに、はっと気づき私自身を恥ずかしく思いました。仏さまの光に照らされている自らの姿を深く省みたことを憶えています。「先生」と「子ども」も同じ「人間」であり平等です。「人」と「人」として子ども一人ひとりと向き合い、一人ひとりを尊重、敬う心であることに気づかせていただきました。心も視野も広くなり、「先生と一緒にしよう」という心持ちでいると、子ども達の自由な発想や気づきを尊重する楽しさを感じます。子ども達から学ぶことも、より多くなり、毎日が楽しさでいっぱいになりました。子ども達の言葉、笑顔に何度も助けてもらい、当たり前にある子どもとの時間に何度も有り難さを感じます。
 
 私も子ども達も仏の子どもです。「まことの保育」の中には温かさがあります。仏さまが「ありのままのわたしでいいのだよ」といつも見守ってくださることは、子ども達の自尊心や自己有用感となって現れています。また、友達との遊びの中でも、友だちの気持ちを受け入れていくことや、友だちのすごいことをしっかりと認めることができる心も育っています。

 これからの子ども達が生きていく人生の中で、礎となっていく大切な心を、仏さまのみ教えを通して感じ、学ぶことができるということを、大変嬉しく思います。正心保育園で保育士として勤務させていただいているご縁、仏さまとのご縁、まことの保育とのご縁、そして子ども達とのご縁、たくさんのご縁をいただき、今の私があります。たくさんの方々から支えていただいていることや、当たり前にある幸せな日常にも感謝しながら、子ども達と一緒に楽しく成長していきたいと思います。

固定リンク | 2018年03月02日【23】

法名のある生活を

本願寺では正式に仏弟子になった名前を「法名」といいます。法名は帰敬式を受式しおかみそりをしていただきます。当ご門徒にも京都のご本山や教区別院などで法名をいただいた方がたくさんいらっしゃいます。
 しかし、せっかくいただいたその法名がお仏壇の奥に入ったまんまという状態もあり、実際亡くなった時にその法名が見つからないということもあります。そこで『額に入れておさめてくださいね』と今までお伝えしてきたのですが、ぴったりときれいに収まる額がなかなか存在しませんでした。
 そこで紹介したいのが、私の法友が企画開発したすばらしい一品。法名が書かれている和紙にぴったりとおさまる額、そしていつも目につくよう足つきスタンドがあります。これは画期的! コンセプトが「日常の中に、法名のある生活を!」ということです。いつでも私のそばに法名があるっていいですね。ご希望の方はお寺までご相談ください。

固定リンク | 2017年11月10日【22】

玄関

 家、建物の正面にある入り口を玄関と呼びます。この「玄関」という言葉が何と仏教語なのです。本来は「玄妙な仏道に入る関門」という意味。特に禅宗の寺院では、仏門の第一歩をしるす場所として重んじられました。本来は建物の名前ではなく、厳しい禅寺の客殿に入る門や書院の入り口を玄関と呼んだそうです。
 
 その後、江戸時代になって、民家や一般的な建物でも、殆どの箇所に玄関が作られるようになり、明治以降には現在のように正面入り口を、そう呼ぶようになりました。まず玄関に立ち、案内をいただいてから靴を脱ぎ、それから、そこを通って奥座敷に通されるのが順序であり礼儀でもあります。
 人生を歩むにも、それぞれポイントがあります。あなたの「玄関」の位置はどこでしょうか。

固定リンク | 2016年10月27日【20】

ガタガタ

 鹿児島は昔から台風銀座と呼ばれる程、台風がよく通過するところです。先月も台風がこの地域を通過するということで、前日から戸締まりをしたり物を片付けたりと事前の準備をしておりました。やはり一番心配なのが本堂です。屋根も高いですし建物が大きい故に風が当たる範囲も広くなります。台風が迫ってきた時必ずやることに、本堂の雨戸を閉めることがあるんですが、この雨戸が戸車もついておらず古くて重くて開閉がまあ大変なんです。「ガタガタ」「ガガー」と凄い音を立てながら引き出します。
 そういえば、戸や障子などの建て付けが悪いことを「ガタピシ」といいます。また組織の運営が悪く、本来の働きが鈍ったりして思うようにならない時に『もう、あの組織(会社)ガタガタだよ』と言ってみたり、体が不調な時にも『俺の体にもガタが来た』などというような表現をします。
 このような「ガタピシ」や「ガタガタ」などという言葉は、元来 擬音語として思われますが、漢字を当てると「我他彼此」「我他我他」などとなり、仏教用語の一つなんですね。自分と他人、これとあれというふうに物事を対立してとらえることで、そこからさまざまな衝突や摩擦が生まれて来るなんてこと、振り返ってみればよくありますね。 仏教ではすべての存在や出来事を、「お互いに相依り相助けて成る」因縁の不思議を説きます。すなわち我と他、これとあれではなく、何もかも皆それぞれの縁によって、またその縁にしたがいながら成り立っているというんです。確かに、俺は俺、お前はお前という勝手気ままなスタンスでは喧嘩になるだけです。お互いに思いやり相互関係を重視したら円滑にまわる世の中に成っていくこと間違いなし。そうすれば、世界各地における戦争も無くなっていくかもしれません。
 まずは身近なところから・・・家庭において会社において、人間関係や組織のあり方など、見直していきたいものです。

固定リンク | 2015年09月10日【19】

運命とは

『これって運命?』 何事も生まれる前から決まっているという考え方を運命論といいます。しかし、仏教経典には「運命」という言葉は出てきません。
なぜなら仏教の根本原理では【因縁果】といって、物事のすべては因(いん)と縁(えん)によって決まっていくと考えます。すなわち生き方次第で結果が変わっていくというのです。
 人生には山あり谷あり、良い時もあればそうでない時もある。物事は最初から決まってなんかいないのです。何事も「縁」をいただきその状況を素直に受け止める生き方がしたいものです。

固定リンク | 2015年03月16日【18】

1  |  2  |  3  |  4    »    

- 管理用 -

本文ここまで

このページの先頭に戻る



コンテンツはここまで

top