浄土真宗本願寺派 正心寺




HOME > 正心ニュース

正心ニュース

本文ここから

最近の記事

真宗解禁140年

 9月5日はここ鹿児島にとって特別な日です。毎年本願寺鹿児島別院にてさつま開教記念法要をお勤めしますが、この度【さつま開教140周年記念法要】が勤修されました。
 浄土真宗のみ教えが鹿児島に伝えられたのは西暦1500年頃といわれますが、薩摩藩は室町時代末期から約300年もの長き間、浄土真宗を禁止しました。浄土真宗の信者であると発覚すれば厳しく惨い拷問などが待ち受けているに限らず、私たち先祖は時にはガマ(洞窟)に隠れるなどして、いのちがけでお念仏のみ教えを守り抜きました。これが「かくれ念仏」です。権力にも屈せず、繰り返される弾圧にもめげずに念仏者として生き方を貫かれたのは、念仏のみ教えの中にまこと(真実)を見出されたからでしょう。
 その後「信教自由の令」が発布されたのが明治9年9月5日。それから数えて、今年が140年の年になります。禁制の時代から開教時、今日に至るまでの歴史の中で念仏を守り法灯を受け継ぎながら生きてくださった先達の僧侶や門徒方に頭が下がるばかりです。そんな歴史に、人に思いをはせ、お念仏が伝わっていることに感謝と責任を感じながら法要にお参りさせていただいたことでした。

 法要後は私共 鹿児島教区雅友会による「雅楽コンサート」がありました。古典の曲やピアノと合わせた酒胡子幻想曲、またハープ奏者の矢野奈帆子さんとコラボレーションをしました。矢野さんは県内有数のハーピストで本名出張所の坊守さま、越天楽幻想曲や童謡なども演奏し、多くの皆様に喜んでいただきました。予定曲が全て終わり、退場しようとすると、まさかのアンコールコールをいただき、司会進行をしていた私がアタフタする場面もありましたが(笑)最後に急きょ抜頭という曲で締めました。


次の記念法要は10年後の150年ですが、毎年9月5日に鹿児島別院にて法要がお勤まりになりますので、どなたでもお参りください。

固定リンク | 2016年09月30日【165】

東隅組Jrサマースクール2016

残暑厳しい8月22〜23日の一泊二日で、【東隅組ジュニアサマースクール】がここ正心寺において開催されました。

ジュニアサマースクールといえば、京都の龍谷大学宗教教育部本願寺日曜学校のお兄さん&お姉さん。毎年このお兄さん&お姉さんとの再会を楽しみに参加する子ども達も多く、6年連続参加の子ども達も!! リピーター参加者が多いのが、このJrサマースクールの特徴です。

子ども達が元気なのは勿論のこと、お兄さん&お姉さんのパワーが凄いです!! 開会からエンジン全開で、この元気な姿があってこそのJrサマースクール。だから、楽しくて楽しくてたまらない子ども達です。

今年も夜のお風呂は、道の駅弥五郎伝説の里の温泉へ。温泉に入る前に広い芝生のグランドでレクリエーション。お兄さん&お姉さんのパワーに乗せられて子ども達は歌い踊り駆け回りました。

そして、静と動がしっかりと分けられメリハリがあるのもこのJrサマースクールの良さ。いっぱい笑って走り回った後は、夜の静かな本堂で、お兄さん&お姉さんの手作りの影絵を見て「いのちのありかた」について学びました。

二日目もラジオ体操に朝の清掃、朝のお参りに始まり、スパイダーマン!ならぬ イッパイダ―マン!? が登場してのゲーム大会で盛り上がりました。

あっという間の一泊二日、笑いあり、学びありのJrサマースクール2016でした。


固定リンク | 2016年09月09日【164】

サックス&コントラバス

 夏休みに入り、学童クラブの小学生が朝から登園して来て、賑やかな日々が始まりました。
 さて7月22日(金)はオトフレを開催しました。今回はサックスとコントラバスとピアノです。サックス奏者は前野ともみさん、コントラバスとピアノは豊國淳子さんです。曲によってサックスはアルト、テナー、ソプラノを使い分けられ、その音色の違いを楽しみ、またなかなか耳にしないコントラバスの引き込まれるような音色にも耳を傾けました。曲も様々で季節がら「海」「カモメの水兵さん」や「花火」などの童謡やアニメ曲など、子ども達は大喜びでした。真剣に耳を澄ましたり、一緒に歌ったり、まさしく素敵なオトフレの時間となりました。
 私は個人的に豊國先生がアレンジしたアンパンマンの曲が気に入りました(笑)ずいぶんJAZZYな大人っぽい曲で、曲調も曲の雰囲気も原曲とは違うのに、それに合わせて歌う子どもの姿が大変面白いでした。

 因みに、先月6月は「ハーモニカ」でした。

固定リンク | 2016年07月25日【162】

サマーキャンプ2016

7月9日(土)から10日(日)にかけて、保育園の【お泊りサマーキャンプ】を行いました。当初の計画では、午前中から大崎町のくにの松原キャンプ場での活動を計画していましたが、天候が悪く雨プロに変更。午前の活動はロウソクを鍋でとかして色付けして「キャンドル作り」午後からは、くにの松原キャンプ場の松林に隠れている動物たちから手紙が来た!という設定で、動物探しのゲームをしました。各グループに分かれての動物探しは、子ども達が協力し合ってとても楽しんで参加していました。全部の動物を見つけたら・・・動物たちからのお礼の手紙と砂浜の砂と貝殻のプレゼントをいただき、それを使って「砂絵」を作って楽しみました。

 そして、夕方から雨も上がり、お楽しみの大崎町の「くにの松原キャンプ場」へ向かいました。行きのバスの中で子ども達のテンションはMAX! 到着後バンガローにて荷物の整理をした後、松林を抜けて海岸へ散歩に行きました。松林では虫を見つけたり蝉の抜け殻を見つけたり、海岸では貝殻を拾ったり、カニと遊んだり、それぞれに松林の風を感じ、花を愛でたりして、自然とたくさん戯れることができました。
 その後は夕食、外でいざ食べようと思ったら、またパラパラと雨が・・・いや、せっかくならこの雨も楽しんじゃえ!!と、レインコートを着て辺りを散策したりしました。夕食もキャンプファイヤーも急きょバンガロー内になりましたが、子ども達の楽しむ力と雨なんか気にさせない先生たちのサポート力が結集され、大変楽しく元気よく過ごしました。
 園児達の中には、初めて親元を離れて初めて宿泊をする子どももいて、不安も期待もあったようですが、この経験で自信もつき、今後の保育活動に生かしていきたいものです。

固定リンク | 2016年07月23日【161】

車イス ピカピカに!

毎月、色々な活動をしている正心寺子ども会。7月2日(土)の子ども会では、特別養護老人ホーム「おおすみ苑」へボランティア活動へ行きました。今回は入所者の使用している車いすを掃除させていただく活動です。子ども会のメンバーは、小学1年生〜6年生。中・高学年は、これまでも他の施設に行き、ボランティア活動をさせていただいた経験はありますが、1・2年生は、車いすの掃除は、初めてです。車いすに触れたこともない子どももおり、雑巾を手にしたもののどこから拭いたら良いのか? どこを拭けば良いのか? と考えていると、流石、先輩達、1・2年生に教えてあげながら、丁寧に拭き始めました。車いすには、入所者の方々の食べこぼしによる汚れなどがあり、子ども達とどうして食べこぼしがあるのか? どうして車いすの生活になるのか?など、色々なことを話し、考えながら掃除をさせていただきました。
最初は戸惑っていた1・2年生も汚れが落ち、きれいになっていく車いすや掃除をさせていただいている回りで、子ども達の姿を見ていらっしゃる入所者のおじいちゃん、おばあちゃん方が何度も『ありがとう、ありがとう』と言い、喜んでいる笑顔を見て、こちらもホッとし大変嬉しく思いました。

固定リンク | 2016年07月05日【160】

[1]    «    6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12    »    [37]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事

↑過去の記事が確認できます。

本文ここまで

このページの先頭に戻る



コンテンツはここまで

top