浄土真宗本願寺派 正心寺




HOME > 正心ニュース

正心ニュース

本文ここから

最近の記事

東北は今

 東日本大震災 今年の3月で7七回忌を迎えます。本願寺派では1ヶ月前の2月11日に宮城県仙台市で七回忌法要を第二十五代御門主さまをお迎えして勤修いたしました。門信徒や僧侶約900人が参集し、亡き人を偲びながら追悼のお勤めが行われました。法要の中で御門主さまは、『被災した悲しみや苦しみは時間がたっても変わることはないでしょう。不思議な縁の積み重ねで今の私たちが存在する。縁は別れがあっても消えることはない』とお言葉を述べられました。

 さて、鹿児島教区雅友会では、震災後毎年東北へボランティアに行きますが、今年も七回忌に合わせて数日前に出発しました。まずは仙台市の中集会所にて雅楽演奏会と被災者との交流会を開催。震災後仮設住宅に入り、そこから災害復興住宅へと移り住んでこられた方がいらっしゃる地区の集会所でした。演奏会の中で、雅楽演奏だけでなく、途中に「空手の型」を披露したり、「カエルの体操」をしたりと、和やかな雰囲気でした。

 茶話会では鹿児島からお菓子とお茶を持っていき、被災された方々といろんな話をさせていただきましたが、ある一人の80代のおばあちゃんがこんなことを私に話してくださいました。
『こうして仮設住宅からこの住宅に引っ越してきたけど、知人は居ないし特に朝からすることがない。家族がいる人はいいけど、私は独り身だから、寂しくて仕方がない。あの時、私も死ねばよかったのかもしれない。でもね、でもね・・・』と。
こんな風に考えておられる方も少なくはないのかもしれません。土地が整備され、住宅等が建ち、復興へ向けて進んでいるのですが、やはり心のケア、心身の支援はそれら以上に大切であることを実感したことでした。

 次の日は岩手の中尊寺へお参りの後、南三陸町の方へ向かい、その後石巻市に到着。児童74名 教職員10名が亡くなった大川小学校に行きました。当時のままの校舎が現存しており、津波の激しさを痛感するばかり。学校の敷地には慰霊碑が建てられており、その時も次々と線香をあげ手を合わす方々がいらっしゃいました。
 その後寺院等を見学、本堂や墓など復旧工事は進んではいるのですが、まだまだ以前のように戻るまでには時間がかかるような気がいたしました。

 どこを見ても、いや見れば見るほど、厳しい現実に直面します。言葉がでない絶句してしまう状況が多々ありました。それでも前を向いて生きていくしかないと踏ん張っている方に頭が下がるばかりです。
 震災後、七回忌を迎える今、何を感じ、何を学んでいくのか? でも大切なのは、あの震災を忘れてはならない、そして、人に寄り添うということなのかもしれません。
 東北は今。

固定リンク | 2017年02月17日【170】

初企画「おはなしとおんがくの森」

 1月11日(水)に【おはなしとおんがくのもり】というイベントを開催いたしました。これは朗読と音楽のコラボ企画です。
 宮崎で活躍中のフリーアナウンサー横山美和さんが絵本の朗読をし、その言葉に乗せて音楽が奏でられました。ピアニストは今村さつきさん二胡奏者の里地帰さん
 これまで、いろんな方の読み聞かせなど聞いたことがありましたが、美和さんの朗読はプロ中のプロ、鳥肌が立つほどの感動でした。瞬く間に、絵本の世界に引き込まれ、イメージが浮かぶ、たとえ絵本を見なくても空想の中で、自分で色彩豊かに頭に描ける、心にスケッチできる、というような感覚がありました。まさしく「言葉と声が世界を広げる」という感じでしたね。

 勿論それらは音楽があるがゆえに、さらに引き立ちます。さつきさんのピアノはなめらかで包み込むよう、時に優しく時に激しく、子どももうっとりするプレイで聴衆を魅了しました。
 そして何といっても目玉は二胡奏者の里地帰さん。二胡は中国の大変珍しい楽器で生演奏で聴けることは稀なこと。その魅力溢れる音色は圧巻でした。宙を舞うような、はたまた音色が体をするりと通り抜けるような不思議な感覚は楽しくて仕方がありませんでした。里地帰さんは台湾と日本を行き来されているようで現在大活躍、今後も楽しみなミュージシャンの一人です。

さて、皆すばらしいパフォーマーで、とても贅沢なアーティスティックな時間でした。皆さん、あいがとう!

固定リンク | 2017年01月12日【169】

年の締めくくりはNHKですね!

 12月の子ども会は鹿児島市へ、27名が参加しました。まずは、NHKかごしま放送局を見学。子ども達がよく知っている子ども番組をはじめ、「大河ドラマ」や「朝の連続テレビ小説」など知っている番組もたくさん紹介されてありました。その中でもNHKは特にニュースに力を入れているという言葉通り、それに関する説明と案内をテレビ局の方から丁寧にいただきました。子ども達も興味津々で、報道制作の順番や天気予報など、スタジオでの説明にも真剣に耳を傾けておりました。(NHKかごしま放送局のホームページにも掲載されておりますのでご覧ください)

 その後、本願寺鹿児島別院へ参拝。皆で正信偈をお勤めし、別院の先生よりご法話を頂戴いたしました。その日は随分暖かかったので、中央公園にて昼食をとり、バスで移動。今話題の鹿児島駅近くにある公園「かんまちあ」へ行きました。屋根付きの人口芝生のスペースがあったり天然芝の原っぱがあっったり、子ども達と走り回って楽しく遊びました。
 

固定リンク | 2016年12月28日【168】

Ray Yamada LIVE

 レイ・ヤマダさんのライブが11月19日(土)に正心寺で開催。県内外から200名ほど来寺いただき大盛況をおさめました。今回の目玉は、何と言っても正心保育園児とのコラボレーション。彼女の楽曲の中に「森のワルツ」という曲がありまして、この曲がとても詩的で、まるで絵本のよう。学校の教科書にも記載してほしいような素晴らしい曲なんです。この曲を是非子ども達と歌ってみたいと思い、レイさんと話しをしました。すると彼女もこの曲を作った時、いつか子ども達と歌うことを願っていたようで、双方の思いが届き、重なり合い今回実現させていただきました。日本初の試みです(笑)

 ライブ前の昼間に子ども達とのリハ―サルを行ったのですが、最初にこの曲を聴いた時は、さすがに鳥肌が立ち、涙がこぼれるほどの感動がありました。また直接に歌唱指導などもしていただきまして、子ども達にとってはかなり貴重な、そして贅沢な時間でもありました。

 さて、熱気溢れる中、いよいよライブスタート! レイさんの曲はリズムもいいんですが、歌詞もいいんです。もう、素晴らソングのオンパレードでした。皆レイさんの艶やかで且つ迫力ある歌声にどんどん魅了されていき、聴衆もまた、とてもいい表情をされていらっしゃいました。そのレイさんの歌を支えるピアノは今村さつきさんというピアニスト。滑らかで力強いタッチには圧巻、とてもアーティスティックでした。
 ライブ後もお寺の方には絶賛称賛の声が嵐のように押し寄せております。歌も声ももちろん素晴らしいですが、レイさんの人柄も魅力的です。気さくでキュートで、話をされた方は皆喜んでいました。頭からつま先までまさしく「Ray Yamada World」を堪能した正心寺スペシャルライブでした。
 レイさん。ありがとう!

※今回は熊本震災の支援ライブということで、チケット代の一部【46,900円】を義援金として支援させていただきました。

固定リンク | 2016年11月27日【167】

真宗解禁140年

 9月5日はここ鹿児島にとって特別な日です。毎年本願寺鹿児島別院にてさつま開教記念法要をお勤めしますが、この度【さつま開教140周年記念法要】が勤修されました。
 浄土真宗のみ教えが鹿児島に伝えられたのは西暦1500年頃といわれますが、薩摩藩は室町時代末期から約300年もの長き間、浄土真宗を禁止しました。浄土真宗の信者であると発覚すれば厳しく惨い拷問などが待ち受けているに限らず、私たち先祖は時にはガマ(洞窟)に隠れるなどして、いのちがけでお念仏のみ教えを守り抜きました。これが「かくれ念仏」です。権力にも屈せず、繰り返される弾圧にもめげずに念仏者として生き方を貫かれたのは、念仏のみ教えの中にまこと(真実)を見出されたからでしょう。
 その後「信教自由の令」が発布されたのが明治9年9月5日。それから数えて、今年が140年の年になります。禁制の時代から開教時、今日に至るまでの歴史の中で念仏を守り法灯を受け継ぎながら生きてくださった先達の僧侶や門徒方に頭が下がるばかりです。そんな歴史に、人に思いをはせ、お念仏が伝わっていることに感謝と責任を感じながら法要にお参りさせていただいたことでした。

 法要後は私共 鹿児島教区雅友会による「雅楽コンサート」がありました。古典の曲やピアノと合わせた酒胡子幻想曲、またハープ奏者の矢野奈帆子さんとコラボレーションをしました。矢野さんは県内有数のハーピストで本名出張所の坊守さま、越天楽幻想曲や童謡なども演奏し、多くの皆様に喜んでいただきました。予定曲が全て終わり、退場しようとすると、まさかのアンコールコールをいただき、司会進行をしていた私がアタフタする場面もありましたが(笑)最後に急きょ抜頭という曲で締めました。


次の記念法要は10年後の150年ですが、毎年9月5日に鹿児島別院にて法要がお勤まりになりますので、どなたでもお参りください。

固定リンク | 2016年09月30日【165】

[1]    «    5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11    »    [36]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事

↑過去の記事が確認できます。

本文ここまで

このページの先頭に戻る



コンテンツはここまで

top