浄土真宗本願寺派 正心寺




HOME > 正心ニュース

正心ニュース

本文ここから

最近の記事

鹿児島別院にお参りしました

5月23日は子ども達が心待ちにしていたバス遠足!
正心福祉会カラーサンガクラブでは鹿児島市の西本願寺 鹿児島別院で開催されました【降誕会こどものつどい】に20人参加いたしました。当日は県内より500名を超える小学生児童が集まり交流いたしました。
午前中はお参り、仏さまのお話、クイズチャンピオン決定戦、午後からはゲームや抽選会など盛りだくさん、子ども達は楽しく過ごしていました。

【こどものつどい】終了後は、隣の中央公園に行って水遊びをしたり、マクドナルドでお茶したり・・・・『先生、来年も来ようね!』との子どもの声に一日の疲れも吹っ飛びました。
ぜひ、また行きましょうね!

固定リンク | 2009年05月24日【8】

親子らいはい

 5月21日は、しんらんさまのお誕生をお祝いする降誕会(ごうたんえ)の集い《親子らいはい》を行いました。

 しんらんさまの降誕会のご縁を頂き、子どもと一緒に手を合わせながら、わが子の誕生を、そして何より私自身が ただ今ここに生かされ生きているということを考えることができたのではないかと思います。

 親子らいはいの後は保育園の人工芝に場所を移動し、ランチバイキングを開催、
今回の『食』のテーマは【野菜嫌いをなくそう!】でした。先日行いました嗜好調査でも野菜が苦手であるとの返答がとても多く、この度の企画となりました。
メニューは 屮縫鵐献麁りピラフ」 ◆屮譽鵐灰鵑寮弔里螢宗璽降屬瓠廖´「ツナサラダのカレードレッシング和え」 ぁ屮團局チキン」ァ屮侫襦璽沈后廖▲疋譽奪轡鵐阿箸靴董嵬A好泪茱諭璽此廖屮茵璽哀襯肇疋譽奪轡鵐亜廚覆病榛未砲△佞譴討りました。

子ども達にも保護者にも好評で、野菜嫌いなんてどどこへやら?といった感じ、 いざ食べ始めたら『おいしいよ!』とパクパク、喜んで食べていました。
 

固定リンク | 2009年05月23日【7】

しんらんさま おめでとう!

宗祖 親鸞聖人 降誕会

春の日差しがたっぷりとふりそそいだ4月18日、宗祖 親鸞聖人の降誕会(お誕生を祝うご法座)をお勤めいたしました。当日は100人以上のご門徒が参拝。本堂いっぱいに「正信偈」の声が響きわたりお勤めできましたことは、住職として嬉しく感じました。
 今回の御講師は福岡教区 浄覚寺より 渡辺祟之 師でした。ご法話をいただいた後は例年通り「祝賀会」に入り、踊りが何組(なかには曲芸あり)も出演し大いに盛り上がりました。最後は皆で鹿児島「おはら節」や地元「弥五郎音頭」などを踊り、今回も賑やかに開催できました。

固定リンク | 2009年05月06日【6】

オリンピックメダリスト 伊調千春選手 来たる!

 先日、女子レスリングの伊調姉妹の姉である伊調千春さんが正心寺に来てくれました。当寺とは前住職在世の頃よりお付き合いがあり毎年のように顔を見せてくださいます。
 その日は正心保育園の園児・月野小学校の児童らと交流会を開催、、子ども達にお話をしていただいたり、質問をさせていただいたりと貴重な触れ合いのひとときを過ごしました。
 
 千春さんの話の中で『自分がこれまで頑張れたのは、支えてくれた人々のおかげです。みんなも親や友だち等にありがとうの感謝の心を忘れないでください』と言われた言葉に皆感動をしていた様子でした。

ありがとう 千春さん! 

固定リンク | 2009年04月08日【4】

花まつり(お釈迦さまのお誕生祝い)

4月8日、本堂にて『花まつり』を行いました。当日 正心保育園の園児.正心福祉会カラーサンガクラブのメンバーやご門徒の方々が参拝し、お釈迦さまに甘茶をかけながらお誕生をお祝いいたしました。

さて、今からおよそ2600年前、インドの北部にある今のネパール国との国境に近いルンビニーの花園で釈迦族の王子、ゴータマ・シッダルタ(後のお釈迦さま)はお誕生されました。
伝記では、お誕生の時 空から花と甘露の雨が降ったといわれ、また生まれてすくっと立ち上がり四方を見渡して七歩あゆまれ、右手を上に左手を下に指して 『天上天下唯我独尊』と言われたと伝えられいます。

これは『すべてのいのちは平等であり、その存在そのものがかけがえのないいのち。その尊いいのちを さげすみあってはならないし、殺しあってもならない、お互い支え合い励まし合って生きていきましょう。私はそのことを人々に伝えるために生まれてきました』と、お釈迦さまの心を私達に気づかせるために言い伝えられたものです。

固定リンク | 2009年04月08日【5】

[1]    «    30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  

- 管理用 -

最近の記事

月別記事

↑過去の記事が確認できます。

本文ここまで

このページの先頭に戻る



コンテンツはここまで

top