浄土真宗本願寺派 正心寺




HOME > 正心ニュース

正心ニュース

本文ここから

最近の記事

立派なおイモがとれました

10月16日 秋の体験遠足で『おいもほり』に行きました。
朝からテンションの高い子ども達、リュックを背負い雨靴を履き準備万端、いざバスが園に到着したら、それだけで大喜びでした(笑)
バスに乗って約30分、今回 体験の場を提供してくださいましたのは瀬戸口三郎さん
例年 無償で畑を提供、かつお手伝いしていただき園として本当に有り難く思います。

瀬戸口さんから説明を受けた後、早速芋掘り開始! 小さいもも組さんは殆どの子ども達が初めての体験で、最初は戸惑いながら土をいじりお芋に触れる姿がとてもかわいかったです。上のクラスの子ども達はお手のもので、豪快に土を掘り、ツルをめいっぱい引っ張って尻もちをつきながら楽しんでいました。

このように、食べ物は本来どんな形をしているのか、どんなふうに栽培されているのか、また農業に携わる方がどれだけ苦労して栽培してくださっているのか、子ども達は小さいながら実体験を通して学び感じてくれたことと思います。


芋掘り終了後、またバスで移動して公園に行きランチタイム。
お母さん方が愛情たっぷりで作ってくれたお弁当、『ボクのエビが入ってるよ』『わたし、デザート持ってきたんだぁ』とお互いに中身を見せ合い、満面の笑みを浮かべニコニコしながら食べていました。

運動会が終わって一息、秋の楽しい遠足となりました。

固定リンク | 2009年10月17日【21】

秋空のもと、力いっぱい走る!

照らず降らず、運動するには最高の天気に恵まれまして、10月11日 正心保育園の運動会を開催いたしました。
これまで運動会に向けて3つの目標のもと、運動あそびや練習を積み重ねてきました。
当日も大切ですが、それよりも当日に至るまでのプロセスの方がもっと大切です。

運動会の練習が始まった頃は、園のリーダーとして皆を引っ張っていくことがなかなかできなかった年長児でしたが、「年長さんに追いつけ追い越せ」と活発に頑張る年中児の姿に刺激され、日に日に年長としての力を発揮してきました。年少児は年長・年中児の姿に学び必死についていき、また3歳未満児も小さいなりによく頑張りました。

各年齢の子ども達がそれぞれに練習の成果を発揮でき、一人ひとりの大きな成長を感じることができる素晴らしい一日となりました。
この運動会までの日々を通して、子ども達は目標を目指して、皆で協力し、励まし合いながら頑張り抜く大切さを学んだことと思います。

保護者の皆さまも準備から片付けまでご協力頂きありがとうございました。

固定リンク | 2009年10月14日【20】

稲刈りをしました!

台風接近直前の10月7日、稲刈りを実施しました。
6月からスタートしたバケツ稲での米作りプロジェクト
これまで子ども達は朝な夕なに水をやり、心をこめて一生懸命育ててきました。夏の暑い時期には少し元気がなくなり心配することもありましたが、何とか乗り越えてここまで辿りつけたこと嬉しく思います。
あらためて、太陽や雨や空気、すべてのおかげさま感謝、感謝です。
さて、今回もJAそお鹿児島大隅支所の営農指導員である渡口さんの説明を受け、その後 作業を開始!  初めてカマを握る子どももいて最初は戸惑っていましたが、保護者のお父さん方が一人づつ手を添え手伝ってくださり、一束ごと丁寧に稲を刈ることができました。
私たちの先人たちは機械の発達していない時代に、こうしてひとつひとつ農作業をしていたことも子ども達は学んでくれたと思います。

数週間天日干しした後、今度は脱穀する計画です。

固定リンク | 2009年10月07日【19】

バンジョーの音色、お堂に響き渡る!

今年の秋の彼岸会はいつもとはひと味違いました。
というのも、御講師が楽器を演奏しながらお話をされるスタイル、熊本教区 寒香知軒(かんこう ちけん)先生でした。九州はもちろんのこと、各地のライブハウスなどでも演奏されていた名プレイヤーです。
【生きるっていいな!?ミニコンサート】と題して行われたご法座は、仏教讃歌を中心に色々な歌をお同行と一緒に熱唱!! ギターバンジョーの音色が本堂に響き渡り、法話と音楽の饗宴は何とも素敵な時間となりました

ご法座に若い年代を取り込んでいこうという思いもあり、今回寒香先生にお願いしましたが、ご門徒方も楽しい企画であったと大変喜んでおりました。


・ミニコンサートの中で歌われた曲を1曲紹介します。

《おひさまが ニコニコしている》
    作詞 寒香知龍  作曲 寒香知軒

 お日さまが ニコニコしている
 だから 僕たち生きている
 お日さまが ニコニコしている
 だから 僕たち生きている
 生きているって いいな

 お月さまが ほほえみかけてる
 だから すやすや ねむるんだ
 お星さまが きらきらしている
 だから 楽しい夢を見る
 生きているって いいな

 生きているって いいな
 いきているって いいな
 い・い・な!


固定リンク | 2009年09月24日【18】

ウエルカム! ほとけの子どもたち

残暑厳しい8月24日〜25日にかけて【東隅組ジュニアサマースクール】が開催され、約40名の子ども達が当寺で一泊二日過ごしました。

曽於市や志布志市など至る所から参加がありましたので、出会った最初は子ども達も少しだけ緊張していましたが、班会議やレクレーションをしていくうちに皆うち解けていったようでした。
このように、違う地域の子ども達が一同に相集い、コミュニケーションをとりながら仲良くなっていくことは貴重なことでありとても素晴らしいことと感じることでした。

講師は京都の龍谷大学宗教教育部5人のお兄さんお姉さん達、また正心寺仏教婦人会の15名の方が食事を作ったり清掃をしたりお世話をしてくださいました。

さて 2日間のプログラムも満載で、人形劇やゲーム大会にキャンプファイヤー、お参りや学びの時間もあり、子ども達も充実した時間を過ごしたことと思います。

小学校6年間連続で参加した中崎智大君は『違う学校の友達ができ、交友関係が深められて嬉しかった。夏休みの一番の思い出になり楽しかった。中学生になっても参加したいです』と話していました。

ほかにも、jrサマースクール終了後、帰り際に『また来年も来ようね!』と約束している子ども達もいました。 ほとけの子ども達、来年も待っているよ!!

固定リンク | 2009年09月03日【17】

[1]    «    31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37    »    [37]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事

↑過去の記事が確認できます。

本文ここまで

このページの先頭に戻る



コンテンツはここまで

top