浄土真宗本願寺派 正心寺




HOME > 正心ニュース

正心ニュース

本文ここから

最近の記事

米作りプロジェクト第2弾始動

昨年に引き続き、今年もバケツでの米作りを実施することにしました。
昨年はもち米を栽培し収穫後は餅つきを行ったのが思い出ですが、今年は普通のお米を栽培し、最後は皆でおにぎりを握ってダイレクトにお米を味わおうと計画しています。

雨がぱらつく6月22日、まずJAそお鹿児島大隅本所の営農指導員である渡口さんからお米作りのプロセスを説明してもらい、その後 役員のお父さん方にお手伝いいただきながら田植えの作業を開始。
最初子ども達はバケツの泥の中におそるおそる手を入れてましたが、慣れてくると服が汚れるのも気にせず楽しそうにその感触を味わっていました。
今年は事前に保護者のお父さん方が集まり、土と水をなじませておいたせいもあったのか割と混ぜやすかったように感じました。

このように いよいよ今年も米作りがスタートしました。
台風や夏の日照りや虫対策など様々なハプニングが起こるかもしれませんが、それも楽しみの一つ。何とかそれらの状況を乗り越えて素晴らしいお米ができることを願っております。

稲も 子どもの心も 大きく大きく 成長しますように!!

固定リンク | 2010年06月24日【40】

雨の日の あじさいスープ

梅雨 真っ只中の 6月18日(金)

保育園の給食のメニューは『あじさいスープ』と『海の幸の和風パスタ』でした。

常に子ども達が季節を感じ 旬のものを味わってもらうよう工夫されていますが、

今日の献立は なかなか面白い、その名も『あじさいスープ』 

この不思議なスープの色は「紫キャベツ」「紫たまねぎ」で 作り出されました。

 Un〜 何とも鮮やかなり!!

給食タイムに一輪の花が咲きました。。。

固定リンク | 2010年06月18日【39】

初夏登山、初挑戦!!

梅雨入り直前の6月9日、保育園のふじ組さんと志布志市 夏井の陣岳へ山登りに行きました。これは秋の霧島登山へ向けてのプレ登山で、初夏の体力作りのために初めて 企画。 この日に向けて子ども達は園庭を走ったり、時には園外でジョギングをしたりしてトレーニングを積んできました。

現地に向かう途中、車窓から見上げる山の高さに『無理じゃないかな?登れるかな?』と少し困惑気味の子ども達でしたが、いざスタートすると元気いっぱい。ただ、何しろ急な上り坂が3キロも続きますので、おやつを食べたりと休憩をまじえペース配分を考えながら登りました。

そしていよいよ、汗だくになりながら頂上に到着!!『わぁ〜すごい きれい』眼下に広がる素晴らしい海の景色に感嘆の声、また子ども達同士では『よくがんばったね、すごいよね』とお互いのを健闘を讃えあっていました。

子ども達はこれらの体験を通して、しんどいことを乗り越えた後の喜びを、感じてくれたことと思います。

初挑戦 達成おめでとう、そして ありがとう!!

固定リンク | 2010年06月10日【38】

一万人の念仏者あい集う

親鸞聖人750回大遠忌 九州地区法要が平成22年5月27日、福岡のマリンメッセで 勤修され、九州各地より1万人の参拝者が相集いました。

法要は三部構成からなり、一部は創作劇(出演は劇団ショーマンシップ・筑紫女学園聖歌隊) 二部はおつとめ  三部はフィナーレで、私は二部のおつとめで楽人(雅楽を演奏する人)として出勤させていただきました。おつとめは【宗祖讃仰作法(しゅうそさんごうさほう)】、これは750回大遠忌法要のために制定されたもので、「正信偈」の御文17首のご和讃に節をつけた新しいスタイルのおつとめです。

当日はご門主様をお迎えし、ステージ上には私達楽人が約100名、結衆もそれ位でしょうか、皆でとなえるご和讃は厳粛なもので、また雅楽の演奏も力強く迫力がありました。とにもかくにも、あれだけの人数でおつとめできましたこと、皆で聖人のお徳を讃嘆させていただきましたことを嬉しく有り難く思うことでした。

さて、来年 京都ご本山で750回大遠忌法要が勤修されるにあたり、このように各地各寺でお待ちうけ法要等がお勤まりになり、いよいよ宗門としても気運が高まってまいりました。一人でも多くの方がこの尊き御縁に出遇っていかれますことを 私も願っております。


最後に・・・この度の大規模な法要を開催されたご当地 福岡・北豊教区の方々、携われたスタッフの皆さま、本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。

福岡教区のHP  法要の趣旨等掲載 ↓
http://www.f-hongwanji.or.jp/daionki/aboutkyushu.html

固定リンク | 2010年05月30日【37】

いちごの香りに包まれて♪

5月14日初夏を感じる青空の下、いちご狩りを体験させていただきました。
ビニールハウス一面のいちごを目の前に子ども達は大興奮!!ハウス中に広がるいちごのあまーい香りに包まれながら収穫開始。『わぁ〜いちごだぁ〜』『おいしそうー』 葉っぱの合間から真っ赤に色づいたいちごを見つける度に子ども達の嬉しそうな声がハウスに響きました。大きないちごを見つけて自分のトレイに入れるのを楽しむふじ組さん、トレイに入れるよりも食べる方が楽しい2歳児さん、皆それぞれに楽しんでいました。当園の保育士は「今年食べたいちごの中で一番甘くて美味しい!」と絶賛してました。
子ども達は貴重な体験活動をさせていただき大喜びでありました。

固定リンク | 2010年05月15日【36】

[1]    «    27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33    »    [36]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事

↑過去の記事が確認できます。

本文ここまで

このページの先頭に戻る



コンテンツはここまで

top