浄土真宗本願寺派 正心寺




HOME > 正心ニュース

正心ニュース

本文ここから

最近の記事

報恩講勤まる

11月28日〜29日にかけて報恩講が勤まりました。
両日とも割と暖かく晴天にも恵まれて多くのご門徒方にお参りいただきました。
今回のご講師は佐賀教区 西方寺 信本知朗先生、2日間にわたり聖人のご遺徳を丁寧に分かりやすくお話いただき誠に有難うございました。

さて、今年の報恩講は例年とは違う新しい取り組みをいたしました。
常々寺役員でも若い世代の方にもっとお寺に来て頂きたい、お寺の存在が身近であってほしいと話をしておりまして、今回お寺と保育園のコラボレーション企画で【ともし火ナイト】というイベントを開催することとなりました。

そこで寺役員としてもこのイベントに関わり、自分達が出来ることをしていこうということで境内周辺の清掃ならびに竹灯ろうを作り正面階段と参道に設置することを10月の役員会で計画いたしました。

報恩講数日前に寺役員と山へ入り竹を切り出して灯ろう作りをしました。なかなか大変な作業でしたが、いざ境内に竹灯ろう設置すると素晴らしい景観に皆さん笑みがこぼれ大満足! ご門徒のため、そして子ども達のためにと大変ご尽力くださいました。

このように総代・仏婦・保育園役員など各組織単位で力を合わせ取り組んだ姿勢と行動が、今回の実りある報恩講につながったのではないかと喜んでおります。
皆さん本当にご苦労さま、有難うございました。

固定リンク | 2010年11月30日【54】

ふるさとのお寺へ

先日、宇宙飛行士の若田光一さんがお母様やご兄弟の方とご一緒に正心寺へお参りされました。
若田さんのお父さまはここ月野の中村集落の出身で、ご先祖のお墓もこの地域にございます。
以前 宇宙での任務を終えられ、鹿児島へ来られた時に月野小学校で「宇宙教室」と題して講演会がありましたが、私はそれ以来ぶりに直接お会い致しました。その時も感じましたが、柔らかいお人柄がにじみ出るようなお顔で、とても魅力的な方でありました。

また、いつでも ここ月野へ 正心寺へかえってきてください!

固定リンク | 2010年11月19日【51】

山・風・紅葉、霧島の秋を感じて

晴天に恵まれた11月18日、毎年恒例の霧島中岳登山をいたしました。
今年は5月に志布志陣岳へプレ登山に行きましたが、いよいよ今回が本番です。運動会後は弥五郎の里公園や城山公園の運動場でジョギングをしたり坂道ダッシュをしたりと、運動遊びをいつも以上に取り入れ実践的にトレーニングを積み重ね十分に体力を付けて当日に望みました。

さて当日、眼前にそびえる霧島連山にちょっとビックリする子ども達でしたが、実際に登り始めたら、日常の体力づくりのせいかグングンとかけあがっていくではありませんか。
ただし、急な道あり緩やかな道あり上り坂あり下り坂ありと、たやすいものではありません。  そう、それはまるで人生のよう・・・
それでも子ども達は一歩ずつ一歩ずつ力強く大地を踏みしめて前進していきました。

途中で転んだりしんどそうにしている子がいれば、『大丈夫?』『もう少しだよ、がんばろうよ』と子ども同士が声を掛け合う姿にも感動せずにはおれませんでした。
そして、皆で力を出し合って いよいよ頂上制覇を成し遂げた時には笑顔いっぱい!!
霧島の山々
心地いい秋風が私達を包んでくれた素晴らしい一日となりました。

目標を掲げ、それに向かって進んでいく・・・登山には多くの学びと感動があります。

固定リンク | 2010年11月19日【52】

今年も無事に実りました

米作りプロジェクト第2弾
初夏から取り組んできたバケツ稲での米作りが、いよいよ収穫の時期を迎え、10月上旬に稲刈りを行い数週間天日に干した後、11月初旬に手作業で脱穀の作業を行いました。
慣れない鎌を使っての稲刈りはなかなか難しかったですが、保護者のお父さん方のお手伝いにより何とか終了しました。
脱穀(稲おとし)は手作業で行うことによって、稲がどのような形で実っているのか、
子ども達は直接見ることができ、食育の観点からも大いに学ぶことができたと思われます。
あとは今月28日に開催する【ともしびナイト】というイベントの中の親子会食会にて、皆でこの米を戴きたいと思います。今から楽しみです。

固定リンク | 2010年11月09日【50】

秋の収穫遠足

10月15日 秋の遠足で芋ほりを体験いたしました。
今回もこの貴重な体験の場を提供してくださいましたのは瀬戸口三郎さんで、保護者会長の中尾さんご夫婦、またJAの職員の方もお手伝いいただきました。

バスで到着すると、そこは広大な土地、その雰囲気や心地良い風 土の香りに包まれ、それだけで癒されるようでした。
まずは芋の掘り方の説明を受け、いよいよ開始! 土の中からひょこり顔を出した芋を見つけ、嬉しそうに土を掘り、いくつにも連なった芋に大興奮の子ども達。『せんせい! みて〜〜』 『こんなにおおきなおいも!!』とあちこちから芋を手に喜ぶ声が響きました。
芋ほりにちょっと疲れた未満児さんは、芋づるを引っ張り合い、綱引きが始まったり、広い畑を散策して土の中にいる虫を見つけて喜んだり・・・芋ほり以外にも自然にいっぱい触れることができた貴重な体験の一日となりました。

固定リンク | 2010年10月19日【49】

[1]    «    25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31    »    [37]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事

↑過去の記事が確認できます。

本文ここまで

このページの先頭に戻る



コンテンツはここまで

top