浄土真宗本願寺派 正心寺




HOME > 正心ニュース

正心ニュース

本文ここから

最近の記事

沖縄の地 平和への思い

 「今沖縄から伝えるべきこと」をテーマに、12月3日〜4日の2日間、【太平洋戦争全戦没者・沖縄戦終戦70年追悼法要】が沖縄の地にてご修行になりました。
 この御法要に際し、私共「鹿児島雅友会」に讃嘆衆(さんだんしゅう)として出勤のご依頼があり、会員15名が沖縄に参りました。追悼法要の会場は宜野湾市の「沖縄コンベンションセンター」、サミットやコンサートが開催される巨大な素晴らしいホールで、内陣に見たてたステージでは、沖縄特区内の僧侶の方々が結衆(けっしゅう)として出勤し、その横に鹿児島雅友会が讃嘆衆として座し、奏楽させていただきました。また会場には、門信徒をもちろん、石上智康本願寺派総長をはじめ全国の衆会議員の方々、九州地区の教務所長方がご参拝されておりました。
 次の日の4日は、糸満市の国立戦没者墓苑にて追悼法要があり、隣接する鹿児島県の霊園にも参拝し、また沖縄県平和祈念資料館ひめゆりの塔を見学する等、平和への学びを深めさせていただいたことでした。
 
 さて、尊い多くのいのちが犠牲となった太平洋戦争が終結して、今年で70年になりますが、先般もパリ連続テロやロシア機撃墜などおぞましい事件が記憶に新しいように、世界では今もなお紛争やテロが起こり、戦火が絶えることがありません。
 今日も沖縄の地は屈指の観光地の顔とは別に、未だ戦争の爪跡が深く残っている地でもあります。地上戦に至ったことから、私たちが想像もできない程の、まさしく言語を絶するような悲惨な状況があったに違いありません。しかし現在において、ひめゆり学徒隊など、沖縄戦を生ききってくださった方たちが、その体験を語る時代が終わろうともしています。過去の歴史ということだけで終わらせるのではなく、今こそ、必死に生き抜かれた方々の思いと、声と、願いを発信し広げていく必要があるのではないでしょうか。

 釈尊は『佛説無量寿経』において「兵戈無用(ひょうがむよう)」とお示しくださいました。武器も兵士も必要としない社会を構築していくには、み教えをいただき、まずは「我が身を知らせていただく」ことが大切です。阿弥陀さまの智慧の光に照らされ導かれ、我執に埋もれた、自己中心的な愚かな私に気づかせていただく。そして、権威や権力に動じず、国家や民族に捉われず、全てにおいて相互の信頼を保持できるような平和な社会を実現していくためには、どうしたら良いのか、どうするべきなのか、常に意識しなければなりません。私たちお念仏いただく仏教者として、常にみ教えに問い続け、仏教というフィルターを通してものごとを考えさせていただく、そういう姿勢が大切だと思います。
 この度、戦後70年を機に、沖縄の地を踏み、御法要を勤めさせていただいたことは、雅友会として、また一人の僧侶として大変有り難く、意義深いご縁でありました。あらためて、平和への歩みを進める一歩につながりました。

固定リンク | 2015年12月16日【150】

秋の自然と遊ぶ!

11月25日 年長児は霧島連山の甑岳に登山でした。これまで様々な山に登ってきましたが、この甑岳は初挑戦の山でした。年間を通してのジョギングや運動遊びなどで体力がついている子ども達。山登りを指折り数えて楽しみにしていました。甑岳は、これまでの山に比べるとかなりガタゴトの山道で、体力がついて足も強くなった子ども達ですが、やはり普段歩きなれないガタゴト道に苦戦する子も・・・。先頭より遅れをとっているお友だちに「○○くん、だいしょうぶ〜?」「あとすこしだよ!がんばって〜」と気遣う声が山に響き、初の山登りで自分のことだけで精一杯なのでは?と思っていましたが、さすが、年長さん、互いに思いやる心が育ってきている姿を嬉しく思うことでした。励まし合いながら山頂に着いた時の子ども達の喜ぶ姿は、達成感いっぱいの様子で、山頂を走り回って喜び合っていました。目標に向かって一歩一歩前進、そして達成する・・・。これが、山登りの良さですね♪

秋の自然を満喫した子ども達。遠足で、串良町のオレンジパークに「みかん狩り」に出かけました。美味しいそうに色づいたみかんを直に触り、狩る体験ができ、子ども達は、大喜び!!美味しそうなみかんを狩ってはバケツに入れ、収穫を楽しんでいましたが「一つだけね!」とみかんを食べたところ、その甘くて美味しいことにビックリ!!お土産に持って帰るのを忘れるほどに食べることに一生懸命になる子も出てきました。秋の自然に触れ、収穫の楽しさを味わい、秋の味覚を自然の中でほおばる。子ども達にとって、とても貴重な体験できたと思います。
みかん狩りのあとは、お母さんの愛情いっぱいのお弁当を平和記念公園でいただきました。みかんを沢山食べてもお母さんのお弁当は一番の楽しみ♪残さず食べることができ、みかんを食べるときとはまた違う喜ぶ笑顔が見られました。

固定リンク | 2015年11月29日【149】

鹿屋航空基地史料館へ

 「戦後70年プロジェクト」第4弾は、子ども会で鹿屋航空基地史料館へ見学に行きました。鹿屋基地は昨年上映された映画【永遠の0】にも登場した、歴史的にも重要な地でもあります。戦時中には海軍の3つの飛行場である鹿屋、笠之原、串良が存在し、日本で最も多くの特攻隊が出撃して、その尊い命が失われました。
 史料館の二階には、特攻隊員が家族に宛てた手紙や遺品などがあり、それらを拝見しながら、子どもたちと当時の人たちの気持ちを想像したり、話をしたりすると神妙な面持ちで耳を傾けておりました。
 また一階では「零式艦上戦闘機五二型」や操縦室などもあり、現在の海上自衛隊に至るまでの歴史などもわかり、こちらの方にも子どもたちは興味津々な様子でした。
 低学年には少々難しい感じでしたが、この戦後70年の年に史料館を見学し、戦争について知る学びの場を持てたことは大変意義あることだと思いました。

固定リンク | 2015年09月28日【148】

「平和について」をみ教えを通して考える

 心地よい秋風そよぐ今日この頃、正心寺では9月18日から19日にかけて平成27年度秋季彼岸法要を厳修いたしました。また、今年は当寺独自で「戦後70年プロジェクト」を立ち上げておりまして、そのvol.3として併せて【戦後70年全戦没者追悼法要】 【非戦・平和を願う法要】を勤修いたしました。
 今回のご講師は、原爆投下があった広島の先生をお招きして、広島県民の思い、広島の現状をお話ししていただきたいとの当寺の願いにより、安芸教区(広島県)の紫花大慈先生にお願いしました。先生には被ばくや戦争の悲惨さなど広島ならではの話をしていただき、み教えの上からいのちのあり方を見ていくことをお示しくださいました。
 また18日の午前中には園児参拝があり、そこでも紫花先生に「平和について」お話しいただきました。『争いをしないためにはどうしたらいいのだろう?』 『へいわってどんなことだろう?』ということを分かりやすく話され、子ども達も真剣に考えている様子でした。

固定リンク | 2015年09月25日【147】

東隅組の夏の子ども達

 8月18日〜19日にかけて【東隅組ジュニアサマースクール】が正心寺にて開催されました。もう60年以上も続く一泊二日の夏の恒例行事です。講師は京都の龍谷大学の宗教教育部の1回生から3回生の学生さんたち。1年ぶりの再会ですが、お兄さんお姉さん方に会えるこの1年を、子どもたちも大変心待ちにしていました。
 当日はレクレーションや手遊び、ゲーム、室内オリンピック等、楽しいプログラムも沢山あり、子ども達も大喜び。その他にも仏参や法話、学習の時間等、真剣に学ぶ時間もあり、充実した時間を過ごしていました。
 また、夜の入浴は「弥五郎の里公園」の温泉に行き、終始仲間と過ごす時間を満喫している様子でした。
 親元を離れて本堂に雑魚寝をすることなど、現代なかなかできない経験できない事だと思います。この一泊二日の経験を機に子ども達にはたくましく育ってほしいと考えます。

 また、7月30日はこちらも東隅組のキッズサンガをお隣の覚照寺さんで開催。講師に安藤けい一先生をお招きして人形劇を演じて頂きました。
「なかよし」「かごめかごめ」「王さまとハトとタカ」の3本を見せて頂きまして、先生の臨場感あふれる迫力ある演技にみな釘づけでした。

これからも組としてのキッズサンガの活動があると思いますので、その時はご参加ください。

固定リンク | 2015年08月31日【146】

[1]    «    9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15    »    [37]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事

↑過去の記事が確認できます。

本文ここまで

このページの先頭に戻る



コンテンツはここまで

top