浄土真宗本願寺派 正心寺




HOME > 正心ニュース

正心ニュース

本文ここから

最近の記事

鹿屋航空基地史料館へ

 「戦後70年プロジェクト」第4弾は、子ども会で鹿屋航空基地史料館へ見学に行きました。鹿屋基地は昨年上映された映画【永遠の0】にも登場した、歴史的にも重要な地でもあります。戦時中には海軍の3つの飛行場である鹿屋、笠之原、串良が存在し、日本で最も多くの特攻隊が出撃して、その尊い命が失われました。
 史料館の二階には、特攻隊員が家族に宛てた手紙や遺品などがあり、それらを拝見しながら、子どもたちと当時の人たちの気持ちを想像したり、話をしたりすると神妙な面持ちで耳を傾けておりました。
 また一階では「零式艦上戦闘機五二型」や操縦室などもあり、現在の海上自衛隊に至るまでの歴史などもわかり、こちらの方にも子どもたちは興味津々な様子でした。
 低学年には少々難しい感じでしたが、この戦後70年の年に史料館を見学し、戦争について知る学びの場を持てたことは大変意義あることだと思いました。

固定リンク | 2015年09月28日【148】

「平和について」をみ教えを通して考える

 心地よい秋風そよぐ今日この頃、正心寺では9月18日から19日にかけて平成27年度秋季彼岸法要を厳修いたしました。また、今年は当寺独自で「戦後70年プロジェクト」を立ち上げておりまして、そのvol.3として併せて【戦後70年全戦没者追悼法要】 【非戦・平和を願う法要】を勤修いたしました。
 今回のご講師は、原爆投下があった広島の先生をお招きして、広島県民の思い、広島の現状をお話ししていただきたいとの当寺の願いにより、安芸教区(広島県)の紫花大慈先生にお願いしました。先生には被ばくや戦争の悲惨さなど広島ならではの話をしていただき、み教えの上からいのちのあり方を見ていくことをお示しくださいました。
 また18日の午前中には園児参拝があり、そこでも紫花先生に「平和について」お話しいただきました。『争いをしないためにはどうしたらいいのだろう?』 『へいわってどんなことだろう?』ということを分かりやすく話され、子ども達も真剣に考えている様子でした。

固定リンク | 2015年09月25日【147】

東隅組の夏の子ども達

 8月18日〜19日にかけて【東隅組ジュニアサマースクール】が正心寺にて開催されました。もう60年以上も続く一泊二日の夏の恒例行事です。講師は京都の龍谷大学の宗教教育部の1回生から3回生の学生さんたち。1年ぶりの再会ですが、お兄さんお姉さん方に会えるこの1年を、子どもたちも大変心待ちにしていました。
 当日はレクレーションや手遊び、ゲーム、室内オリンピック等、楽しいプログラムも沢山あり、子ども達も大喜び。その他にも仏参や法話、学習の時間等、真剣に学ぶ時間もあり、充実した時間を過ごしていました。
 また、夜の入浴は「弥五郎の里公園」の温泉に行き、終始仲間と過ごす時間を満喫している様子でした。
 親元を離れて本堂に雑魚寝をすることなど、現代なかなかできない経験できない事だと思います。この一泊二日の経験を機に子ども達にはたくましく育ってほしいと考えます。

 また、7月30日はこちらも東隅組のキッズサンガをお隣の覚照寺さんで開催。講師に安藤けい一先生をお招きして人形劇を演じて頂きました。
「なかよし」「かごめかごめ」「王さまとハトとタカ」の3本を見せて頂きまして、先生の臨場感あふれる迫力ある演技にみな釘づけでした。

これからも組としてのキッズサンガの活動があると思いますので、その時はご参加ください。

固定リンク | 2015年08月31日【146】

Erica Erika 平和を願うコンサート

 今年2015年は戦後70年にあたります。そこで正心寺・正心保育園では、今年【戦後70年プロジェクト】を立ち上げました。非戦・平和とは何か、また自分にできることは何か、ということを改めて考えるきっかけ作りをしたいという願いのもと、年間を通じて大小さまざまな企画(勉強会等)を考えております

 その第一弾として「非戦・平和を願うコンサート」を、空奏バイオオリニストErica Erikaさんをお招きし 6月5日(金) 午後6時より開催いたました。県内外より約200人が参集し本堂は超満堂、入り口の縁まで人が溢れていました。
 まず始めに戦後70年の追悼法要をお勤め、老若男女交えて「正信念仏偈」を拝読。鹿児島別院の先生方や組内の先生にご出勤いただきました。ご法話のご講師は浄満寺の白坂先生、何故戦争がおきるのか、おきたのか、また私たちがいかに生きていくべきかということをあつくお話しいただきました。
 
 その後は平和を願うコンサート。Erikaさんは最近メディアでも注目の時の人で、テレビやラジオにも出演され各方面で活躍されていますし、何しろ素敵なミュージシャン。ご縁があり当寺に来てくださいました。
 Erikaさん登場でいよいよコンサートスタート。瑞々しい音色と爽やかな笑顔が本堂全体を包み込みました。今回のコンサートにあたり、せっっかくならば園児達とコラボレーションをしたいと思い、事前にエリカさんに相談したら快く引き受けてくださいました。戦後70年にあたり子ども達とも平和について話しをし、【小さな世界】が良いのではないかと、この曲を選曲いたしました。歌詞の中で『世界はせまい、世界は丸い、世界は同じ、ただ一つ』というフレーズがあり、自国だけではなく世界各国で築いていく平和ということを意識して練習しました。園児が出演すると場の空気もさらに和み、いい雰囲気の中で子ども達も歌うことができました。
 保育園では朝夕にErikaさんの音楽を流しておりますので、曲を聴いた子ども達も『あっ、この曲知っている〜』と好反応! その他にもLet it goや情熱大陸等の演奏で大変盛り上がりました。またコンサートの中ではリクエストコーナーがあり、その場で即興演奏する姿に皆絶句、ただただ感心感動するばかりでした。これらの演奏を支えるギターの長井計さんもナイスでした。またPA担当の鹿児島市レコーディングスタジオキャトリーの岩永さんにも大変お世話になりました。とにかく全体を通してErikaさんの素晴らしい演奏と素敵な人間性に魅了され、皆心温まる素敵な時間を過ごすことができました。( Erica Erikaさんのアルバムは当寺HP【ツキノアンテナ】のコーナーで紹介しています。)
 
 小雨模様の足下の悪い中にもかかわらず、お越しいただきました皆さま本当にありがとうございました。またこの度の「非戦・平和の集い」にご協力していただきましたスタッフ含むすべての方々に心より感謝いたします。
 今回はプロジェクトvol.1でコンサートでしたが、今後は鹿屋航空基地や芙蓉の塔の見学、戦争体験者からの談話等、年間を通じて平和への思いを深めていきたいと思いますので、ご支援ご協力よろしくお願いいたします。

固定リンク | 2015年06月08日【144】

降誕会フェスタ

 5月23日(土)に親鸞聖人のご誕生日(5月21日)を祝う【降誕会(ごうたんえ)フェスタ】を開催しました。初めての企画でした。
 あいにくの雨となり、室内での開催となりましたが、全園児によるかわいいダンスや保護者の皆さんや小学生にも参加してもらったレクレーション・ゲーム大会、テントの中では保育園の保護者会主催で、焼き鳥、焼きそば、たこ焼き、フランクフルト、ポップコーン、かき氷などを出店し、大変賑やかな雰囲気でした!!
今回のフェスタの目玉は何といっても・・・ゲストのバルーンパフォーマー「PIPIちゃん」によるバルーンパフォーマンスのステージ!! 歌にダンスにバルーンに、子ども達、保護者、先生方、会場全体が大盛り上がり!! 皆さんの笑顔あふれる素敵なステージとなりました。

 思いおこせば、4年前に「2011かごしま花博覧会」が鹿児島市の吉野公園をメイン会場で開催され、その時に彼女のショーを初めて見せていただきました。いつかは当園に来てもらいたいと思っており、今回いよいよ実現となりました。子ども達を引きつけ魅了する力は相変わらず大したもので子ども達は終止釘付けでした。
 親鸞聖人のご誕生日を盛大にお祝いでき、嬉しさいっぱいのフェスタとなりました。 『しんらんさま おめでとう!!』

固定リンク | 2015年05月27日【143】

[1]    «    9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15    »    [36]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事

↑過去の記事が確認できます。

本文ここまで

このページの先頭に戻る



コンテンツはここまで

top