浄土真宗本願寺派 正心寺




HOME > 正心ニュース

正心ニュース

本文ここから

最近の記事

東北ボランティア リポート

 東日本大震災の発生からから5年が経ちました。5年という月日は区切りでも何でもなく、震災の爪痕は想像以上に深く、家族や故郷での暮らしを失った悲しみは癒えないままでありましょう。亡くなられた方や行方不明者は2万人を超え、避難者が未だ17万人以上いることは涙なくては語れない事実です。

 私共鹿児島教区雅友会では東日本大震災後、毎年東北へボランティアに行っておりますが、今年は宮城と福島を訪れました。初日は宮城から福島へ。仙台空港に降り立ち福島へ向かう途中、まず目に入ってくるのが、道路沿いの田畑のいたるところに山積みされている放射性廃棄物のフレキシブルコンテナバック。あくまでも中間的な仮置き場なのでしょうが、行き場のない黒い物体の存在感は、大変大きく重いものでした。
 その後、本願寺の福島県復興支援宗務事務所にて、福島県の寺院やご門徒の現状をお話しいただき、寺院再建への補償問題やご門徒の管理とケアなど、困難な壁があることを痛感しました。

 2日目の午前中はいわき市の「いわきの初期被曝を追及するママの会」の方に、放射線に対する不安や懸念する生の声、いわゆる本音中の本音を聞かせていただきました。ママ達のネットワークを活用し国や市、行政に働きかける行動力には学ぶところが多々ありました。「安心」と「安全」は違う、まさにその通りでした。
 午後からは、福島原子力発電所の近くを視察。原発近くの国道6号線の家々や店舗の入り口にはすべて金属製バリケートが張り巡らされて、異様ともいえる光景にショックが大きいでした。放射線を図る機器を車の中で計測すると、車内でありながら近隣になると異常な数値が計測され、ただただ驚くばかり。こんな状況の中、原発付近で働く人々が一日に何千人もいるということでした。

 3日目の午前中は、美田園第一仮設住宅にて、雅楽の演奏会を開催。仮設住宅は簡素に作られた、あくまでも仮設的、住宅環境がいいとはとても言えず、皆さんのご苦労が想像できました。演奏会後の茶話会では住民とお茶を飲みながら様々な話をさせていただきました。70代のある男性が私に『私には帰る場所がない。あなたたちが来てくれるだけで嬉しい。こうしていろんな人たちと話ができるだけで・・・』と涙ながらに話されました。帰る時には私の手を握りながら『また来てね、また来てね』と言われる姿が印象的でした。ただ、皆さん明るいなとも感じました。深い悲しみを負った人たちは、笑うということも大事にしているのではないだろうかと思いました。悲しみを抱きながらも笑顔を絶やさずに、前を向いて進むしかない、生きていこうとする姿勢に力強ささえ感じたことでした。

 午後からは、本願寺仙台別院にて追悼法要が勤修され、全国より有志の讃嘆衆が集まり出勤いたしました。この地で追悼のお参りができたことを大変ありがたく思いながら、法要後空路鹿児島へ戻ったことでした。

 あれから5年、現地に赴いてみますと、報道メディア等では伝わりにくい厳しい現状がそこにはありました。道路や鉄道、港湾といったインフラの復旧は着々と進んでいますが、復興支援が行き届いていない箇所も多くあり、地域差も現れているようでした。しかし何といっても必要なのは、人への支援です。財政的な面も勿論必要でしょうが、もっと必要なのは心への支援です。被災された方々の心の痛みをケアしていくことが何よりも欠かせません。震災はまだまだ現在進行形、決して風化させてはいけません。東北に思いを寄せ、被災者に寄り添う姿勢と行動こそ大切でありましょう。そんな誓いを新たにしたことでした。

固定リンク | 2016年03月15日【155】

パーカッションクリニック

 こちらも初企画! 「パーカッション・クリニック」 昨年の5月、あるミュージシャンと約束しており、今回2月の子ども会で実現しました。。そのミュージシャンこそ、講師の谷口潤美さんです。谷口さんは、国府弘子氏、赤木りえ氏、佐山雅弘氏、宮本貴菜氏、中西圭三氏、小沼ようすけ氏、宮里陽太氏等様々な ミュージシャンと共演しており、現在も多方面に活躍中です。
 「パーカッションクリニック」聞き慣れないネーミングですが、平たく言うとパーカッションのワーックショップみたいなものでしょうか。普段生活している時に発する言葉や行動には全てリズムがあります。そんなリズムを題材に、様々な打楽器の扱い方や奏法をレクチャーしてもらいました。子ども達は見たこともない楽器に興味津々で自由に触ったり音を出してみたり。南米ブラジルの楽器なので、もちろん聴いたこのない音色がほとんど。でも楽しくてしょうがない。ましてやサンバのリズムなので、気分もみるみるうちに高揚。みんな生粋の日本人のはずなのに、サンバに魅了され気づいたら体が揺れ心が弾む、そんな様子でした。楽器の扱い方が段々分かってきて、講師からリズムの刻み方を教えてもらったら、いよいよみんなでアンサンブル。すると不思議に共鳴して、何と曲らしく完成しました。スゴい!の一言。これも子ども達に分かりやすいように野菜の名前を復唱しながら楽器を叩く等、工夫されて指導をしてくださった谷口さんのおかげ、力そのものでした。普段気が付かなかった発見や楽しみ方を、子ども達もパーカッションクリニックで見つけたことでしょう。

 

固定リンク | 2016年03月01日【153】

RADIO 出演

 MBCラジオからのご依頼を受けて、この度 正心保育園が番組に出演することになりました。オンエアはは3月1日午前9時15分、【子ども応援団 みんな元気】という番組です。MBCと言えば、テレビもラジオも鹿児島では王道の局。このような機会を頂き大変ありがたく思います。
 取材に来てくださったのは、アナウンサーの赤岩瞳さん。少し緊張気味の子ども達を、やさしく導いてくださいました。ばら組ふじ組で「虹の向こう」という曲を歌い、何人かの園児に直接インタビューをしました。その子、それぞれに個性あふれるコメントが生まれ、面白い収録となりました。
 皆さん3月1日、ご注目くください。

固定リンク | 2016年02月29日【154】

【オトフレ】 ピアノ

 子ども達に “もっと音楽に触れてもらいたい” “様々な楽器の音色を楽しんでもらいたい” "音と友達になろう”というコンセプトのもと、【オトフレ】なるものを企画しました。第1回目はピアノで、上山紘子さんというピアニストに演奏してもらいました。
ドビュッシーの「月の光」、ベートーヴェンの「エリーゼのために」等のクラシックや、ご自身作曲の「まわる虹」、また子ども達が知っている童謡など一緒に歌ったりもしました。
 紘子さんのピアノの演奏に魅了されたのでしょう、普段は動き回ったり大声をあげたりする子ども達も、し〜んとピアノの音色を楽しむ様子があり、やはり生演奏の魅力を感じることでした。
 今後もハーモニカやサックス等など、様々な音にもふれてもらいたいと考えています。

固定リンク | 2016年02月29日【152】

我がふるさとの雪化粧

 我が故郷は6年ぶりに積雪、何十年ぶりの大雪になり、辺り一面白銀の世界になりました。事前の天気予報で積雪の予報が報道されましたので、これはいい写真が撮りたいと思い、前日より心待ちにしておりました。朝の勤行を終え、早朝よりお寺や保育園の周りをパチリパチリ。園児達や小学生も、滅多にできない雪遊びを堪能していた様子でした。(積雪により断水等、被害にあわれた方は大変でございました)

 また1月25日は前住職の命日にあたり、感慨深く雪を眺めたことでもありました。

固定リンク | 2016年01月28日【151】

[1]    «    8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14    »    [37]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事

↑過去の記事が確認できます。

本文ここまで

このページの先頭に戻る



コンテンツはここまで

top