浄土真宗本願寺派 正心寺




HOME > 正心ニュース

正心ニュース

本文ここから

最近の記事

60年を迎え

 この度、鹿児島教区雅友会は結成60年を迎え「60周年記念法要」と「物故会員追悼法要」を9月4日 鹿児島別院本堂にて勤修いたしました。。この法要に向けて、会役員方は法要部・広報部・輪袈裟制作部と3つの班に分かれて約7カ月間準備を進めてきました。この日までは気を抜けず、そして何よりこの日を大変心待ちにしておりました。
 当日は県内県外から40数名が参集。法要は御輪番お導師のもと、大御所の先輩会員方には結衆として内陣出勤していただき、讃嘆衆は内外陣にて出勤いたしました。結成からの60年、亡き会員方を偲びつつお勤めし、かつ記念法要として仏徳讃嘆させていただきましたこと、大変有り難いご縁でありました。
 夕方からは60周年祝賀会をホテルで開催、これまで雅友会を護り育てていただきました先輩方にスピーチをいただき思い出を語ってもらったりして、会と会員を讃える素晴らしい懇親会となりました。
 今回60年の節目にあたり、このように企画開催させていただきましたが、会員方があらためて歴史を振り返り、また伶人としての歩みを深めていくご勝縁となったことでした。

固定リンク | 2018年09月20日【203】

東隅組Jrサマースクール2018

 東隅組ジュニアサマースクール2018が8月22日と23日に正心寺にて開催されました。今年の参加人数は63名、正心寺の子ども達は勿論のこと、近隣寺院のご門徒の子ども達が集まってくれました。講師は例年の如く龍谷大学 宗教教育部中央日曜学校の4名のお兄さん方です。
 実はこの日は台風19号が九州に接近、20号が日本上陸かという天候の状況で、数日前から開催出来るか心配しておりました。中止も検討しましたが、1年間このサマースクールを楽しみにしている子ども達が大勢いて、何とかして経験させたいと悩んだ末、夜の宿泊だけを取りやめにして、開催に至りました。そんな中、子ども達は台風なんて何のその、風が吹いて気持ちがいいくらいの感じで(笑)パワー全開で過ごしていました。子ども達の元気で豪快な笑い声を聞いていると、台風がしぼんでしまいそうな勢いさえありました。まあ主催者としては強風域の中でしたが、安全に無事に終了することができほっと一安心でした。来年も待っています!

固定リンク | 2018年08月29日【201】

福祉ボランティア活動

 7月の子ども会は「福祉ボランティア活動」 末吉町の輪光無量寿園さんを訪問させていただきました。
まずは広いホールスペースの仏間で正信偈のおつとめをして、その後相談員さんより施設の概要を説明いただきました。また車いすの使用方法を習い、実際に子ども達が自ら乗ってみて施設内を往来してみたり、目隠しをして目の不自由な方の気持ちを察したりする体験もさせていただきました。
 休憩の後は車いすの清掃。シートやタイヤ、車輪スポークなど細かいところまで雑巾で拭きました。ある女子のが『おじいちゃんおばあちゃんが喜んでくれるといいなあ』と言いながら一生懸命に磨いている姿を見たり、掃除を終えてからまた他の子が『なんだかきもちいい!あ〜たのしかった』という言葉を聞くと、この活動が意義深いことを感じました。
 最後は入所者の方々とふれあいの時間をもらい、肩を叩いて話をしたり、一緒にゲームをしたりして遊びました。いずれの活動も大変良い経験となり夏休みの良い思い出になったことだと思います。輪光無量寿園のスタッフの皆さん、お世話になりありがとうございました。

固定リンク | 2018年07月31日【200】

東京はアツかった!

 先月は東京へ出張などがあり築地本願寺にお参りさせていただきました。ひとつは「まことの保育全国セミナー」全国各地から理事長・園長先生方が集まり、講義を受け、まことの保育の研鑽をつみました。

 もうひとつは本願寺勤式研究生課程を修了した「音聲会」の集まりです。この度は平成七年生と八年生の合同開催。これまで京都本山や九州で開催いたしましたが、今回は東京 築地本願寺でした。職員の方から築地の成り立ちの歴史や本堂内部、新設の合同墓などの見学をし、皆でお勤めをいたしました。その後、宗門の未来を語り合い、また情報交換をしたりして意義ある時を過ごしました。また本山の御正忌報恩講でお会い致しましょう!

固定リンク | 2018年07月30日【199】

心を整えて

6月の子ども会は最終土曜日の30日でした。今回の活動のメインは「正信念仏偈」の写経でした。写経のポイントは、ただ書き写すというだけではなく、まずは身心を整えるということが大切です。深く呼吸し充分に心を落ち着かせてから始めました。
すると、どの子も真剣に取り組み、声ひとつ発さない。聞こえるのは、風の音と鳥たちのさえずりという静寂の状況は、大変素晴らしく貴重なひと時となりました。
普段の宿題の文字では見られないくらい(笑)みんな美しく書いておりました。

固定リンク | 2018年07月04日【198】

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [35]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事

↑過去の記事が確認できます。

本文ここまで

このページの先頭に戻る



コンテンツはここまで

top